銀座に志かわの
食パン

商品紹介

こだわったのは
仕込み水に使用している
独自のアルカリイオン水
小麦粉、生クリーム、バターなど、
食材の持つ旨味を絶妙に引き出し
唯一無二の食パンが誕生いたしました

奇跡の融合

神秘的な甘さ

最高級のカナダ産小麦粉の素材にはちみつと生クリーム、バターが融合し生成された神秘的な甘さ。生食でも十二分に、この美味しさを感じることができます。

こだわりは
細部にまで

手提げ紙袋・食パン専用風呂敷

料亭のおもたせのような手提げ紙袋を採用。またアツアツのパンの蒸気が籠らないパン保存袋を使用し、ポール紙で型崩れを最小限に防ぐなど細かいところまで気を配り、最高の状態でお客様に焼きたての美味しい食パンを提供するように努力しています。

手ぬぐいの専門メーカーである(株)かまわぬと共同で、食パン専用風呂敷を制作しました。素材には焼きたての食パンを包むことを想定して、吸湿性と通気性に優れた綿100% の生地を使用。柄は日本の伝統柄の一つである杉綾を当店のブランドカラーであるギンザニシカワ・レッド(赤)、ギンザニシカワ・イエロー(黄)、ギンザニシカワ・グリーン(緑)、ギンザニシカワ・ブルー(青)の4色で染め上げました。

パン職人・エプロン

これからのフランチャイズ展開において誰が、どこで作っても同じ品質、美味しさになるように、様々なチューニング作業を行っているのが、技術担当役員の山本厚です。山本は大手ベーカリー店で50年以上、パンを製造してきたパン職人です。

店頭スタッフが身にまとうのは京都の老舗メーカー一澤信三郎帆布の良質な天然帆布を使用したエプロン。ここにも銀座に志かわのこだわりがございます。